経理アウトソーシングとは

経理アウトソーシングとは

これまで業務アウトソーシングと言うと、データ入力などの事務業務や、逆に専門性の高い業務が中心でしたが、
最近では、自社のリソースをより重要な業務につけるために、付加価値の低い業務をアウトソーシングすることも珍しくない時代になりました。
なかでも経理業務を外部委託する「経理アウトソーシング」が注目されており、お金の管理という一見外部委託に躊躇する業務であるものの、大切だからこそミスや不正、属人化を減らす手段として、導入する企業が増えています。

中小企業こそ経理をアウトソーシングすべき理由

benefit

経理というお金に関わる大切な業務をアウトソーシングすることに抵抗を持つ方もいらっしゃいますが、「大切な業務だからこそ」実はアウトソーシングをするべき業務なのです。

  • スタッフの急な退職
    慌てなくなる
  • 本業に集中でき、
    業務効率がアップ
  • 経理の採用・育成の
    悩み
    がなくなる
  • 繁忙期の煩わしさ
    から解放される
  • ミス・不正を防げる
  • 経理担当者しか分からない、がなくなる

コスト削減も可能

cost reduction

人件費や間接コストなどバックオフィスの経費を劇的に減らす方法としても有効です。

  • 実例1

    実例1

    【建設業】従業員30名の企業様

    月15万削減

    10年以上勤務していた経理担当が突然退職!
    後任は正社員ではなく[事務パート+経理代行]を導入。

    • 給与+社会保険
      約350,000円
    • 事務パート(週2)
      約30,000円
      経理代行
      170,000円
  • 実例2

    実例1

    【IT系】従業員20名の企業様

    月6万削減

    入力業務を派遣社員に依頼していたが、手待ち時間が多く無駄に感じ、小ボリュームから外注できる経理代行を導入。

    • 派遣社員
      約100,000円
    • 経理代行
      40,000円

※いずれも当社実績です。

導入実績紹介

記帳代行との違い

difference to data entry services

記帳代行は、経理アウトソーシング(経理代行)で請け負う業務のほんの一部の業務です。
私たちのサービスは、経理に関わる全ての業務についての代行です。社外にいる貴社の「経理社員」と考えてください。
必要な資料を送るだけで完結でき、面倒な業務から開放され業務に集中できます。

経理アウトソーシングで請け負う業務一覧

請求書発行・未収チェック

  • 請求書作成と顧客への送付
  • 売掛金の消込
  • 再請求書発行

振込・支払い業務

  • 振込一覧表の作成
  • 振込
  • 買掛金管理

経費精算・給与振込

  • 立替金精算、照合
  • 給与振込

資金に関する業務

  • 出納帳作成
  • 残高照会
  • 口座間資金移動
  • キャッシュフロー一覧表作成
代行業務一覧

経理アウトソーシングのメリット/デメリット

advantages and disadvantages

経理業務を外部委託(アウトソース)する場合と、社内で業務を行う場合で何が違うのか、それぞれのメリットとデメリットを比較をしてみました。

自社で採用の場合

  • ノウハウが社内に蓄積される
  • スピーディーに対応できる
  • 突然退職することがある
  • 採用コスト、手間がかかる
  • 人員が変わるたびに引継ぎが必要

経理代行の場合

  • 退職の心配がゼロ
  • 部分的に任せることができる(丸投げも可能)
  • 正社員を雇うよりもコスト削減ができる
  • 手間がかからない(資料を送るだけでOK)
  • ノウハウが社内に蓄積されない
TOPへ戻る

貴社のお悩み・課題を
お聞かせください
見積もり依頼・ご相談
お気軽にどうぞ

© Bricks&UK